わかる!小学校受験お助けホール

お悩みすべて解決!小学校受験に関する情報をまとめました。

*

社会性を持って小学校受験のテストに挑むことです

小学校受験では社会性も見られますので、少しでも早く社会性を身につけることです。子供たちはグループ遊びなどで、社会性や協調性を育てることができるので、多くの仲間と遊ぶことによって体験できるチャンスを見つけることです。例えば、友達と数人で短時間で遊びを決めておけると、ルールなどもわかるようになりますし自主性によって、より社会性を磨くことができます。そして、課題を与え子どもの様子を観察することで、どのようなことができないのか、わかっていないのかが理解できるようになります。小学校受験では、テスト問題として手話をしているビデオを見せることもありますし、老人が階段を降りれなくて困っているシーンを見せて、どうしたいのかを問いかける問題もあります。これらは経験からわかることや、普段からどう思っているのかによって答えることができます。

小学校受験に備える為に重視したい塾選び

高校受験や大学受験に比べると、小学校受験では重視される部分に若干の違いがあると言えます。ペーパーテストがある場合はある程度学力の素地が審査される部分もありますが、それ以上に見られやすいのが行動観察と呼ばれる分野です。入試が設けられている小学校では、将来性の見込みのある児童を受け入れて教育していくことが最大の目標となっています。その為、将来性に大きく繋がる性質を持つ児童を選りすぐる必要があります。その判断として行われているのが行動観察と呼ばれるものであり、受験生である子供たちの何気ない行動をじっくりと見極め、合否を大きく左右する要素となってきます。小学校受験を志す子供たちと親御さんは、この部分もしっかりとポイントを押さえた教育をしてくれる塾を利用して受験に備えることをお勧めします。行動は一朝一夕で身に付くものではないので、できるだけ早めに最適な学習塾を見つけておきましょう。

小学校受験の特徴について

現在日本では、受験によって入学することができる小学校がかなり多くなりました。わざわざ小学校に入るために受験をしなくても良いという考えの人もいますが、都心では小学校受験は当たり前のことになりつつあります。受験するということは、子供に適した小学校を親が選ぶということでもあります。子供はまだ自分の入る小学校を選択することはできないので、親の判断が子供の今後の人生に大きな影響をもたらすといっても言い過ぎではありません。しかし受験する人が増えたことで競争率が高くなったことも確かです。合格できるかどうかの分かれ道は親によって決まります。合格する家庭は、親が子供のことを一番に考えていることが、傍目から見てもよくわかるのが特徴です。自分の意見だけを押し付けて受験に挑ませているような家庭では、よくありません。

公開日: