わかる!小学校受験お助けホール

お悩みすべて解決!小学校受験に関する情報をまとめました。

*

小学校受験に関するノウハウの伝授

現在は小学校受験に関するノウハウをこれから受験を控える世帯に伝授していくことが大事なこととして認識されています。実際にこの取り組みが仲の良い家庭同士で実施されるようになってきており、既に小学校の受験に関して経験済みの家族から情報が伝達されてきているとみられています。小学校受験をする際に注意するべき点や、経験しておくべきことなどが、細かく伝授されることもあるとみられていることから、効果的にノウハウが伝えられることにも繋がっているのではないかと考えられています。一連のノウハウを参考にして、小学校の受験に向けた準備や対策を施していくことが可能になるため、実践する家庭が増加してきつつあります。今後も経験を伝えていきながら、多くの子供たちが小学校受験を合格できるようにしていくことか望まれるとみられています。

小学校受験に必要なのは子供の意思です。

都会では小学校受験は珍しくないですが、地方においても国立大学の付属小学校を受験するなど小学校から受験を経験する子供がいます。幼稚園や小学校の受験は子供の意思というよりは親の意思が形になったような物だと言えます。親に背中を押されて小学校受験を乗り越えて親が描いた人生のレールに乗ったとしても、それが子供に合うかどうかはわかりません。親にとってはとりあえず安泰だと思うかもしれませんが、子供自身の意思を尊重してあげなければなりません。また、合格すると思っていなかったにも関わらず奇跡的に合格して戸惑っている親もいるかもしれません。通学時間が長いことを心配していたり、合格した小学校についてよく調べてなかったために不安が募る親もいます。結局、小学校に通うのは子供です。子供の意見を聞いた上で進む学校を選ぶべきです。

小学校受験は可愛そうな事ではありません

「お受験」「お受験ママ」「ママカースト」「幼児教室」これらの言葉がずいぶん世間を騒がせ、小学校受験はまるで拷問のようで子供のためではなく親のエゴである、なんて言う意見も聞かれる今日ですが、本当にそうでしょうか。親が子供に小学校受験をさせるのは、良い環境で勉強して欲しい・・・ただその一点ですよね。もちろん中には本当に親のエゴや見栄のためにさせる親も存在するのかも知れませんが、そのために時間を割き、お金をかけるのはやはりまず子供への愛情ありき、ではないでしょうか。受験のための幼児教室にしてみても、小学校入学前の園児であればまだまだ遊び感覚で通えるのではないでしょうか。もちろん子供に明らかにストレス反応が見られたりする場合はいったん受験から離れるべきかもしれませんが、可愛そうな事をしているわけではないので、がんばっている親御さんたちには胸を張ってもらいたいですね。

公開日: